美肌スキンケア|油が多い食事とかほとんど糖分の甘味物ばかり食していると…。

デイリーのボディー洗浄に絶対必要なボディソープは、刺激のないものをチョイスしましょう。泡をたくさん立ててから撫でるみたいにソフトに洗浄することが肝要だと言えます。酷い乾燥肌で、「僅かばかりの刺激であったとしても肌トラブルが発生する」という状態の人は、それ専用に作り出された敏感肌用の負担の少ないコスメを使用した方が良いでしょう。思春期の頃はニキビが最大の悩みの種ですが、大人になると毛穴の黒ずみやシミなどが悩みの最たるものになります。美肌を作り出すことは楽に見えるかもしれませんが、本当のところ極めてむずかしいことだと言えるのです。

 

「美肌スキンケア|油が多い食事とかほとんど糖分の甘味物ばかり食していると…。」の続きを読む…

火山灰でできたすごか石けんはニキビ予防になるの?

火山灰でできたすごか石けんは、ニキビ予防になるのでしょうか。ならないのでしょうか。

 

ニキビ予防になる石けんとは、汚れをしっかり落とす洗浄力があることと、洗い上がりのことを考えて保湿してくれるのかどうかということ、刺激を減らしてくれる方法で洗顔できるかどうか、肌に悪影響のある成分が含まれていないかどうか、長く使いたいと思えるかどうか、といったことが挙げられます。

「火山灰でできたすごか石けんはニキビ予防になるの?」の続きを読む…

洗顔料に砂糖を足して洗顔するとどうでしょう?

 

砂糖です。なぜ、洗顔料に砂糖という発想がでてくるのでしょう。

砂糖の特徴をみてみましょう。

 

実は、古くからの民間療法で砂糖は傷口を治すために使われていたそうです。塩と同じように砂糖も使われていたんですね。砂糖は塩よりも粒子が細かいのでよいそうです。そういえば、洗顔料や洗顔石鹸の中には、ハチミツがはいっているものがあります。同じ甘いものとしてよいのかもしれません。

「洗顔料に砂糖を足して洗顔するとどうでしょう?」の続きを読む…

洗顔料の上手な泡立て方│たっぷりと泡立てるには?

 

洗顔料は、泡立てて使うものが多いです。

とくにニキビケアの洗顔料や洗顔石鹸は泡で洗うことがおすすめです。それは、ニキビの部分の汚れは落としたいけれど、肌のニキビには刺激を与えて肌に負担をかけたくないからです。

その点、泡で洗えば手と肌が直接触れることもありません。

「洗顔料の上手な泡立て方│たっぷりと泡立てるには?」の続きを読む…

洗顔料で体を洗うと問題だった!?

 

洗顔料を使って、顔だけでなく体まで洗うとなると問題があるのでしょうか。

 

顔という肌の部分は、いちばん敏感にできているところです。そこを洗う洗顔料なのですから、いろいろと考えられて成分が作られています。いちばん敏感な部分を洗うもので、もう少し敏感でない部分を洗っても問題は発生しないと考えられます。

「洗顔料で体を洗うと問題だった!?」の続きを読む…

洗顔料に塩を混ぜるとニキビ・ニキビ跡ケアになるの!?

 

洗顔料に塩を混ぜて使うという方法があるそうです。

 

それで、ニキビやニキビ跡のケアになるのでしょうか。答えは、なります。意外な方法ですが、実践して効果を得たという人もいるのです。

 

塩で洗顔すると、肌がツルツルになるのだそうです。

「洗顔料に塩を混ぜるとニキビ・ニキビ跡ケアになるの!?」の続きを読む…

洗顔料のパッチテストの方法

 

洗顔料を変えて、今までとは違ったものを使おうという時には、パッチテストが必要です。

使い始める前にパッチテストをすることで、その洗顔料が自分に合うものかどうか、しっかり確かめることができます。

 

問題がなければ使い始めてスキンケアに励むことです。もし合わないということがわかれば、それ以上洗顔料は使わないで別のブランドに変えるなど対処することができます。

「洗顔料のパッチテストの方法」の続きを読む…

洗顔料が口に入って飲んでしまった時の対処法

 

洗顔料が口に入ってしまうなんて言うことはない、とはいえません。大人ではまずありません。

それでも少しだけ吸い込んでしまったということは考えられます。

大人にはなくても、子供にはあり得ます。洗顔料や石鹸を、思いがけず吸い込んでしまった、飲み込んでしまった、というときにはどうしたらよいでしょう。

「洗顔料が口に入って飲んでしまった時の対処法」の続きを読む…