選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

ピーナッツでニキビができるのは嘘って本当なの!?

2015-09-18_094525

 

ピーナッツを食べるとニキビができる、といわれているのは嘘です。

ピーナッツを食べすぎるとにきびができる、といわれているのが本当のことです。

 

何事も摂りすぎはよくないということです。食べ過ぎるということは、それだけでカロリーの摂取が多いということです。ここですでに、摂取しすぎでダメなところがひとつです。さらにたくさん食べた分、栄養を摂りすぎてしまっているのもダメということです。

では、ピーナッツに含まれている成分とは何でしょう。

 

 

まずは、脂質です。

いわゆる油分です。これは、適量を摂取するなら肌にも保湿効果があってよいものです。けれど、摂取が多すぎると皮脂が多くなってきてしまいます。皮脂が過多になると汚れになります。それが毛穴に詰まってニキビになってしまうのです。

 

ほかには、ビタミンEが含まれています。

この働きは、抗酸化作用です。細胞が酸化、つまり錆びていくことを防いでくれるのです。細胞が酸化すると老化や生活習慣病を招いてしまいます。老化は、身体の機能を低下させます。そして生活習慣病とは、脂質異常症、糖尿病、高血圧、肥満のことです。どれも健康ではない状態を引き起こしてしまいますね。それらのことを起こさないための抗酸化作用です。

 

 

ビタミンEは、さらに血行をよくしてくれるという働きがあります。血行が良くなれば、細胞が活発に働いてくれるので新陳代謝がアップします。肌のターンオーバーが正常化して健康になるということなので、肌荒れやニキビは改善してくれるというわけです。

 

 

また、ピーナッツにはビタミンBが含まれています。

これは、糖質を消化して分解するという働きを助けくれるのです。そのことで、身体の代謝を促進してくれます。健康な皮膚を作るのに役立ちますし、皮膚の成長を促進してくれます。

 

つまり、ピーナッツには肌を改善してくれるという働きがあるのです。これはぜひ取り入れてニキビの改善や美肌作りをしたいものです。

ピーナッツの食べ過ぎよくないのは、調理方法にあります。

2015-09-18_095157

調理の時に、バターや脂などをたくさん使います。

これを食べることで油分が多すぎてしまうのです。では、バターなどを使わない調理方法はあるのでしょうか。

 

素焼きのピーナッツです。揚げていないものです。そのピーナッツを少しだけ食べるなら、効果的といえるでしょう。肌が求めるビタミンEやBを上手く取り入れて、ニキビや肌荒れを改善していきましょう。

 

 

ピーナッツでニキビができるのは嘘、というのは半分本当です。

 

コメントを残す