選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

炭水化物を食べ過ぎるとニキビに・・・繋がる!?

2015-09-01_102601

炭水化物を食べすぎるとニキビができるものなのでしょうか。

できます。

というか、何でも過ぎるほど摂取すると毒になるということです。特に、炭水化物の食べすぎはニキビにはよくないものです。

炭水化物がどうしてニキビを作ってしまうのかというと、炭水化物の成分は糖質だからです。

さらに分解されると脂質となります。油分ですね。油といえばアクネ菌の大好物です。ニキビが増えるということです。

 

また、炭水化物を分解するときにビタミンやミネラルが使われてしまいます。本来、肌の細胞に使われるべきものまで炭水化物にとられてしまいます。食べすぎているからです。肌に行き渡るビタミンやミネラルが不足してしまうので、ニキビができるというわけです。
とはいえ、炭水化物という栄養素は、必要な栄養素の一つであるわけです。なので、最低限の摂取はしなければなりません。

 

また、好みとして白いご飯が大好きという人もいるでしょう。なかなかやめられませんね。けれど、もしもそのご飯をたくさん食べていることがニキビの原因かもしれません。ここは、茶わんに2杯食べていたご飯を1杯にしてみましょう。1杯しっかり食べていた人は、軽く盛り付けて1杯にしてみましょう。

 

 

これでニキビが減ってきたら、やはり炭水化物の摂り過ぎがニキビの原因だったということになります。

 

また、ふだんパンをたくさん食べているという人でニキビができやすい人は改善の余地があります。

ご飯よりもパンの方が糖質が多いからです。

2015-09-01_102253

同じ炭水化物でも、糖質の量で変わってきます。

白いご飯は、まだ糖質は少ない方なのです。

パンは、材料にバターやイースト菌など糖質の多いものが使われているので要注意です。

 

パンが大好きで1日に6個も食べている、とか食パンなら5枚はいける、という人でニキビができてしまうという人は、パンを1日2個あるいは食パンを2枚に減らしてみましょう。ニキビが改善できるかもしれません。

 
減らすことから始めるのです。いくらニキビを改善したいといっても、今日突然好きなものを食べないゼロにするということでは、ストレスが溜まります。ストレスはホルモンバランスに影響して、またニキビの原因になってしまいます。

 
炭水化物は食べ過ぎるとニキビになります。食べるなら適量にしておきましょう。炭水化物には、糖質が含まれていて、これが脂質となってニキビの原因になってしまいます。個人差はありますが、食べすぎには注意しましょう。

コメントを残す