選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

頭皮ニキビがある場合はヘアカラーしても大丈夫?

2015-12-16_101203

頭皮ニキビがある場合のヘアカラーは、あまりおすすめできません。

 

頭皮ニキビは、できているかどうかなかなかすぐにはわからないものです。たまにシャンプーがしみるなとか、ヘアカラーをしようとしたら頭皮が何だか赤いようだといわれて、はじめて気がつくものかもしれません。

ヘアカラーの中には、いろいろな成分が入っています。

中には、ニキビができている頭皮にとっては刺激となってしまう場合も考えられます。また、ヘアカラーの性質が自分に合っていないということも考えられます。

 

頭皮ニキビに気がつかないで美容室に行き、ヘアカラーをしようとしたら断わられるという場合もあり得ます。

 

担当の美容師さんが頭皮ニキビを発見して、このままヘアカラーをすると頭皮の状態が悪化してしまうのではないかと判断したからです。美容室では、もしも状態が悪化してしまったら責任問題になります。気がつかなかった、何も言われなかったので大丈夫だと思った、ということでは済まされないことです。

まずは、頭皮ニキビを治すことを考えましょう。

2015-12-16_101034
その前にどうしてもヘアカラーをしたいのなら、ヘアカラーの成分をよく確かめましょう。

最近では植物成分のヘナを使ったヘアカラーも出ています。1回に染まる色味は多くはないのですが、頭皮や紙に与える影響は少ないといわれています。安心して使えるというところがいいですね。

 

また、美容室でヘアカラーをするときには、頭皮の皮脂分をためておくことです。ヘアカラーの日まではシャンプーの回数を減らして、ぬるま湯で軽くすすいで髪の毛の汚れを落とす程度にしておくことです。

 

 

頭皮の状態が健康ではないという時に、ヘアカラーやパーマもあまりおすすめしません。

パーマをかけてヘアカラーを同時にするということも避けたいところです。ヘアカラーの液同様、パーマ液というものも刺激があります。頭皮にとっては刺激はよくないものです。

 

頭皮ニキビを治すには、きれいにした後に保湿するということです。シャンプーで毛根の周りに溜まった皮脂汚れをキレイにしたらその後は、ヘアクリームをつけるあるいは育毛剤を使うなどして、保湿してあげましょう。頭皮のマッサージも、爪を立てたりしないで指の腹を使ってやさしく行います。

 

 

頭皮ニキビがある時に、ヘアカラー、パーマはしないほうがよいですね。

ふだんから、自分が使うヘアカラーやシャンプーの成分は、刺激物がないかしっかりチェックしておきましょう。

コメントを残す