選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

洗顔料のパッチテストの方法

2015-07-15_093043

 

洗顔料を変えて、今までとは違ったものを使おうという時には、パッチテストが必要です。

使い始める前にパッチテストをすることで、その洗顔料が自分に合うものかどうか、しっかり確かめることができます。

 

問題がなければ使い始めてスキンケアに励むことです。もし合わないということがわかれば、それ以上洗顔料は使わないで別のブランドに変えるなど対処することができます。

特に、敏感肌や乾燥肌の人は、いきなりレギュラーサイズを購入するのではなく、お試し商品をまず入手しましょう。

格安で入手するか、無料サンプルを申し込んでみることです。また、インターネットのサイトを探して無料サンプルを受け取れるようなところを探してみるのもひとつの方法です。

では、具体的にパッチテストとはどうすればよいのでしょう。

2015-07-12_222051

テスト前の準備として、お風呂に入って清潔な状態にしておくことです。

そこに、洗顔料を二の腕の内側に薄く塗ります。3~4分経ったら洗い流して、様子を見ます。24時間後にまた確認します。もしくは、洗顔料を1パーセントくらいに薄めたものをぬって、24時間後にどうなっているか確認します。

 

24時間後に、お風呂に入る前に肌の状態をチェックしましょう。
なんにも変化がなければ大丈夫です。

 

もしも赤くなっていたり、腫れていたり、かゆくなっていたら反応があったということです。洗顔料をつけた部分をすぐに洗い流しましょう。パッチテストは中止です。その洗顔料は肌には合わないということですから、それ以上使うことも避けた方がよいでしょう。

 

もしも反応がないという場合には、さらに24時間後に経過観察してください。その時にチェックして何もなければもうオッケーです。その洗顔料は肌に合わないということはないので、使い続けて大丈夫です。

 

 

パッチテストで反応が出てしまった場合、どの成分に対しての反応かということを確かめた方がよいですね。

 

自分で勝手に「この成分が自分には合わないのだろう」と判断してしまうのは危険です。皮膚科や化粧品メーカーで、アレルギーテストを受けることをオススメします。

いろいろな成分について、反応が出るかどうかみることです。時間はかかりますが、確実に自分の肌質がわかってくるというわけです。

 

パッチテストをする時には、次のような時期は避けましょう。生理中は、肌が過敏になっていることがあります。肌の変わり方が大きくなってしまう時期もあるので、生理中はパッチテストはしない方がよいでしょう。生理後1週間ほど経過してから行います。

 

また、妊娠中も同じように肌が変化しやすい時期です。洗顔料を急に変えることは避けましょう。

コメントを残す