選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

IPS コンディショニングバー(化粧石鹸)はニキビにいい?

2015-06-16_103452

 

IPSコンディショニングバー(化粧石鹸)はニキビにいいのでしょうか。

 

この洗顔石鹸は、泡立てて使います。泡は、ホイップクリームのようで、きめ細やかで弾力のあるものです。この泡で、汚れを包み込んでくれます。うるおいを守りつつもやさしく洗い、汚れを落とします。

 

汚れは、メイク汚れ、酸化した皮脂、古くなってしまっている角質、です。特に皮脂は酸化すると嫌な臭いをだす原因となります。きれいにしたいものですね。

IPSコンディショニングバー(化粧石鹸)は、すっきり落とす洗顔石鹸です。

保湿のことも考えて成分が入っています。おもに、カミツレエキス、ローズマリーエキス、コメ発酵液、スクワランなどです。カミツレエキスは、キク科のカミツレという花からとったエキスです。

 

コラーゲン生成促進の作用と保湿の作用があります。コメ発酵エキスは、米由来のもので、アミノ酸が多く含まれています。スクワランというのは、ヒトの皮膚に似た成分です。

肌を乾燥から守ります。そして、肌をしっかり保護してうるおいを守るという保湿の役割をしてくれるのです。

 

IPSコンディショニングバー(化粧石鹸)は、このような成分によって、洗顔することでもっちりと吸いつくような弾力と透明感のある肌にしてくれます。

 

 

泡で肌を刺激することなく洗顔できるということと、保湿成分がしっかり入っているということを考えれば、ニキビケアの条件はクリアしているようですね。

あとは、保湿成分などが自分の肌質に合えば、ニキビにもいいのではないでしょうか。

IPSコンディショニングバー(化粧石鹸)の使い方を見ていきましょう。

まず、手と顔を軽くぬらします。乾いたところにいきなり洗っても肌には刺激です。

次に、化粧石鹸を泡立てます。泡立てた泡で顔全体を包み込みようにして洗います。こする必要はありません。

 

その後は、水かぬるま湯でていねいに洗い流します。勢いよくシャワーをかけることは避けましょう。水気を拭き取るときは、タオルは当てるだけです。水気だけはしっかり拭き取ります。

 
メイクを落としたい場合には、たっぷりと泡立ててダブル洗顔をしましょう。
このIPSコンディショニングバー(化粧石鹸)は、インターネットのサイトやメーカーから直販はしていません。では、どのようにして購入すればいいのかというと、販売会社の販売員から買うことができるのです。

 

メーカーのホームページから問い合わせすれば、最寄りの販売会社を紹介してもらえます。

 

コメントを残す