選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

さくら石鹸 春の香はニキビケアにもなる?

2016-12-15_102326

さくら石鹸 春の香は、真四角で可愛いピンク色です。また、ほんのりと良い香りがします。

せっけんの色はピンク色と可愛いので、ギフトとしても利用する人が多いそうです。

この淡い桃色は、泥の色がでているのです。天然の赤土で、毛穴汚れをしっかり落としてくれるという役割があります。汗をかく季節にも使えます。さくら石鹸 春の香は、顔だけでなく身体、髪の毛、全身を洗うのに使えます。

 

ほんのりと良い香りがするのは、さくら葉エキスがはいっているからです。この香りもまたギフトとして人気がある秘密なのでしょう。

 

 

では、このさくら石鹸 春の香は、ニキビケアにもなるのでしょうか。

まず、洗浄という面では赤土が毛穴の奥まで入りこんで汚れを落としてくれるということがわかりました。洗う時には、泡立てて使います。ネットがなくても泡立ちますが、ネットを使うことでよりクリーミーでキメ細かな泡をもちもちな状態で作り出すことができます。

それから、保湿という面ではどうでしょうか。

 

イライトという成分は、粘土質に入っている保湿成分です。マグネシウムなどミネラル分が多いものです。ミネラルといえば、肌を保湿する成分として役立ちます。また、さくら石鹸 春の香に含まれているクマリンという成分は、抗酸化物質です。抗菌作用もあるといわれています。

 

さくら石鹸 春の香は、毛穴をすっきりさせたい人やオイリー肌の人にむいているという洗顔石けんなのです。
保湿成分としては、もうひとつ天然保湿成分のグリセリンも含まれています。

 

これが多く含まれるのは、さくら石鹸 春の香がコールドプロセス製法の枠練り製法で作られていることと大きく関係しています。コールドプロセス製法は、火を使わないで作ります。石鹸の反応熱だけで練っていくのです。

 

そのあと、枠に入れて熟成乾燥させます。手間暇がかかり、完成までに時間を必要とする製法です。どうしてそんな作り方をするのかといえば、熱を加えないことで廃液が出ないこと、原材料の特性を生かした自然そのままの保湿成分を入れることができるのです。原料は食品なので、食べても安心な洗顔石鹸です。

 

これらのことを考慮すると、さくら石鹸 春の香は、ニキビケアにもなるといえるのではないでしょうか。

 

 

汚れを落とすには、赤土の吸着力です。洗顔後の保湿は、グリセリン、赤土、イライトがあります、また、抗菌作用でニキビの原因アクネ菌から肌を守ることができます。

 

安心で安全に使う洗顔石鹸という点では、コールドプロセス製法ということで、食べられるほど安心で安全に作られているということがわかります。ニキビケアの洗顔石鹸として条件を果たしているといえます。

コメントを残す