選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

洗顔料に塩を混ぜるとニキビ・ニキビ跡ケアになるの!?

2015-07-16_095744

 

洗顔料に塩を混ぜて使うという方法があるそうです。

 

それで、ニキビやニキビ跡のケアになるのでしょうか。答えは、なります。意外な方法ですが、実践して効果を得たという人もいるのです。

 

塩で洗顔すると、肌がツルツルになるのだそうです。

これは、塩が浸透圧の影響で肌の汚れが落ちるということです。

浸透圧といえば、野菜を塩もみするときのことを思い出せばよいですね。野菜を塩でもむと、塩が野菜の中に染みわたっていって塩味がつくのです。食べる時には、そのままではしょっぱすぎるので水洗いしてから、ということになります。

 

この塩が染み込んでいくという現象が浸透圧です。圧力の差ができているので浸透するということです。つまり、塩の粒が肌の毛穴の奥まで入り込んで汚れを落としてくれるということです。塩がやってくれるということなら、簡単にできることですね。

使っている洗顔料に塩をまぶして使えばオッケーです。

2015-07-16_100401

塩がピーリング効果をアップしてくれるのです。また、塩の殺菌作用という働きが、ニキビの雑菌を殺菌してくれるというわけです。

 

洗顔料にまぜて使う塩は、ミネラルが多いもの、粒子の細かいものを探して使うことをおすすめします。粒子が細かいなら、毛穴の奥まで入り込んで汚れを落としてくれますね。

 

汚れを落としてくれるということと殺菌作用で、にきびやにきび跡のケアには向いているということです。ただ、赤くなって炎症を起こしてしまっているニキビに、塩入の洗顔料での洗顔はあまりおすすめできないかもしれません。

 

ピーリング効果という刺激が強すぎるかもしれません。

ケアしようという洗顔で、ニキビを悪化させてしまっては台無しです。炎症を起こしている時には、自己流の方法ではなく洗顔料の表示通りにケアしていきましょう。

 

また、肌が弱いという人にはやはりピーリング効果が強いこの塩洗顔はおすすめしません。

いくら塩で肌がツルツルになるとはいえ、です。どんな洗顔料にも、合う人と合わない人がいます。必ず誰にでも使えるという洗顔料や洗顔石鹸は、まずないものです。

 

結論として、洗顔料に塩を混ぜるとニキビやニキビ跡のケアになります。それは、塩が浸透圧により毛穴の奥にまで入り込んで汚れを落としてくれるからです。

ピーリング効果と殺菌作用でニキビがきれいになるということです。塩の食べ過ぎはニキビにはあまりよくないそうです。けれど、塩を混ぜた洗顔料で洗顔するとよいということです。

 

自分の肌質に合わせて、よく考慮してから使いましょう。

 

コメントを残す