選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

洗顔料を使わないと肌の黒ずみはなくならないの?

2015-07-07_110645

 

肌の黒ずみができてしまっている人が、いくら水だけやお湯だけで洗顔しても、改善されていないなら、洗顔料を使う必要があるということです。

 

肌の黒ずみとは、毛穴に汚れが詰まってしまっているということです。

その汚れは、皮脂汚れだったり、角質が変化してしまった角栓だったりします。

その汚れを落とすためには、毛穴の中にまで洗浄成分が入り込んで汚れをかきだしてくれなければなりません。毛穴から汚れを引っ張り出してくもらうというわけですね。

 

洗浄成分がなければならないので、水やお湯だけではだめということです。

泡立てて使う洗顔料は、泡のつぶつぶの中に入っている洗浄成分が毛穴の奥に入り込んで汚れを吸着してくれるというわけです。その粒が小さければ小さいほど、より毛穴に入り込んでくれるという訳です。

これが、洗浄のパワーということに直結します。

 

洗顔料を選ぶポイントしては、ほかには成分があります。

化学合成の成分は、やはり肌にはよい影響よりもかえって肌荒れするという影響が考えられます。スキンケアとして洗顔料を使っているのに、悪化してしまっては何のための洗顔なのかわからなくなってしまいます。

 

また、黒ずみをおとすということならば、やはり汚れを落とすことです。

今注目されている美白成分には、ダイズエキスというものもあります。大豆には美肌成分があるということです。黒ずみを改善したいならば、美白成分についても知識を深めていきましょう。

洗顔料を選ぶ最後のポイントは、保湿です。

2015-07-07_111029

洗顔で汚れをすべてきれいにおとすということは、皮脂汚れもきれにするということです。

それは、肌に必要な分の皮脂も落としてしまっていることなのです。そこを補うためにも洗顔後の保湿が必要です。そのままにしておくと肌は乾燥してまた皮脂の過剰分泌となり、肌荒れになります。

 

 

洗顔料を使わないと、肌の黒ずみは改善されないものです。

 

お湯や水だけでの洗顔で、肌本来の力を引き出して肌を改善するというやり方もあるようです。その方法で肌のターンオーバーを整えてから黒ずみをとるというのは、かなり時間がかかってしまうのではないでしょうか。

 

洗顔料を使うか使わないか、最終判断は人それぞれです。どんなやり方をしても、改善できた人とできなかった人はいます。

洗顔料も、成分の違いがありますから、使って効果があったと喜ぶ人もいれば、さほどでもなかったと残念に思う人もいるものです。

 

洗顔料を使う使わないという表面からのケアと、日頃の生活態度を見直すという内側からのケアも必要になってくるのではないでしょうか。

コメントを残す