選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

ニキビにニキビ用洗顔料か無添加洗顔料どっちがいい?

2015-07-06_123517

 

ニキビケアによい洗顔料は、いろいろあります。

その中で、ニキビケアとして販売されている洗顔料があります。

 

ニキビがある人の肌を考えて作られているものです。ニキビケアのポイントは、汚れをきれいにすることと保湿することです。そして、刺激を少なくして肌への負担を少しでも減らすように成分が含まれています。

汚れをきれいにするとは、毛穴の奥の汚れや皮脂汚れを取り除くことです。

この、汚れをきれいに取り除いたという段階では、肌に必要な皮脂部分までなくなっていることになります。

 

そのままにしておくと、肌はがんばってまた皮脂を分泌して分泌過多になってしまい、結局皮脂汚れがまた毛穴を詰まらせてニキビが増えてしまうという悪循環になってしまいます。

 

ニキビケア用の洗顔料や洗顔石鹸なら、保湿のことも考えて成分を配合してあります。

 

洗い上がりがしっとりするように天然保湿成分が入っているものがほとんどです。それでも、実は人によっては洗顔後に基礎化粧品は必要です。洗顔料と同じメーカーや同じブランドで揃えるのがおすすめです。

では、無添加洗顔料はどうでしょう。

特にニキビケアとして表示されていなくても、スキンケア目的で使う人が多いものです。肌荒れをケアするというよりも、今の肌をよりきれいにつるつるぷるぷるでハリと弾力のある肌つくりをするため、の洗顔料です。

 

無添加なので自然の成分だけで作られています。ひとつ特徴となる天然成分が入っています。それがその洗顔料の売りとなる部分です。そんな無添加洗顔料が、ニキビケアに向ているかいないかは、ニキビケアの条件である洗浄できること刺激のないこと、保湿することのポイントでみていけば判断できるのではないでしょうか。

ニキビ用洗顔料と無添加洗顔料のどちらがニキビケアにいいかは、一概にこれです、という結論はだせません。

 

個人によって違うものと思います。肌の性質である脂性肌か乾燥肌あるいは敏感肌混合肌、といろいろな種類があります。

それに加えて、その時の健康状態、ふだんタバコを吸うかどうか、アルコールを摂取するかどうか、ストレスの有無、食生活、生活習慣(夜遅くまで起きているあるいは夜勤があるなど)、睡眠がきちんととれているかどうか、といった条件によって違ってきます。

 

どれだけ口コミでよいとされている洗顔料でも、合わない人には合いません。悪化させてしまう人は残念ながらいるのです。ニキビケア用洗顔料の刺激が強すぎるという人もいるのです。

コメントを残す