選ぶならコレ!当サイト人気洗顔料

ノンエー石鹸

ニキビ専用の洗顔料といえばノンエー石鹸です。色々な商品を試してみたけどダメだった方にはおすすめです。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは1本で洗浄+化粧水+乳液の3つの効果があります。シンプルにケアしたい方にはおすすめです。

どろあわわ

どろあわわは98%の方が使い続けたいと回答。濃密泡が毛穴汚れ・シミ原因角質をごっそり吸着を実現。

春夏秋冬はどの季節がニキビ注意なの!?

2015-12-11_104318

1年を通しての季節の中で、ニキビに注意したらいいのはどの季節なのでしょう。

答えは、すべてです。

いつでも肌の状態を気にしつつもスキンケアは季節ごとに変えて行っていくものです。面倒ですが、美肌への道は毎日の積み重ねです。

 

 

暖かくなってきた春や、暑い夏には汗をかきます。

すぐにそこでシャワーを浴びて汗を洗い流して着替えることができたらとても肌にはよい状態が続きます。けれども、なかなかすぐにというわけにはいきません。

汗をかいてそのままにしておくと、肌は乾燥します。そこで皮脂を多く分泌しようとします。さらにまた汗をかいてしまいます。こうなると、肌は皮脂汚れで毛穴が溜まってしまいます。ここからニキビの原因であるアクネ菌が多く繁殖してしまうのです。

 

 

夏は日差しが強いので日焼け止めを塗ります。

これも汗をかくと落ちてきて毛穴汚れになります。汚れはニキビの原因ですね。

汗をかく季節には、汗をかいたらすぐにシャワーを浴びて着替えるか、できなければ汗はしっかり拭いておきましょう。

 

また、洗顔料やボディシャンプーを使って洗うことは、1日に4回も5回もする必要はありません。お湯で汗を洗い流すだけで十分です。ただそのあとは、化粧水や乳液で保湿しておきましょう。

つけすぎてべたついてまた汗になる、ということでは悪循環です。たとえばオールインワンの基礎化粧品を薄くさっと塗るだけでもよいでしょう。

 

 

秋や冬、寒い季節はどうでしょう。

寒い季節は空気が乾燥しています。乾燥した空気に触れると、肌が刺激されて肌も乾燥してきます。

乾燥すると、肌はがんばって皮脂を多く分泌してきます。それが皮脂が多くなってきて毛穴を詰まらせてしまうのです。油分が大好きなアクネ菌は、皮脂で増殖します。そしてニキビになるのです。

乾燥する季節のニキビケアは、何といっても保湿です。

2015-12-11_104755

いくら皮脂汚れや角質汚れをキレイにしたところで、乾燥を防いで保湿をしなければ何の意味もありません。

化粧水、美容液、乳液、保湿クリーム、としっかり基礎化粧品をつけてスキンケアをしていきましょう。

 

入浴時には、ゆっくり湯船につかることも必要です。湿度のあるところで肌を柔らかくして、ニキビケアプラスつるつるプルプルの肌を目指していきましょう。

 

春夏秋冬のどの季節がニキビに注意をしたらいいのかというと、すべてです。

 

その季節ごとに気温が変わります。それによって、肌の受ける影響を考えながらのスキンケアが必要なのです。

コメントを残す